第78回大会

国士舘大が3大会ぶりの優勝、準優勝は拓大

第78回全日本学生キックボクシング選手権が6月16日(日)、東京・後楽園ホールにて行われ、国士舘大学が3大会ぶりの優勝を果たしました。準優勝は拓殖大学、3位には東海大学。佐々木秀樹選手(創価大学)が最優秀選手賞を受賞しました。

<団体戦成績>
優勝 国士舘大学
準優勝 拓殖大学
3位 東海大学

<個人賞>
最優秀選手賞 佐々木秀樹(創価大学)
技能賞 宮崎隆太郎(創価大学)
優秀選手賞 室舘洸介(明治大学)
ベストバウト賞 第15試合 瀧寺将夢(国士舘大学)vs新井裕之(創価大学)

最優秀選手賞を受賞した佐々木選手

最優秀選手賞を受賞した佐々木選手

個人賞受賞者

個人賞受賞者

■試合結果

<第1試合>フェザー級
フレッシュマンファイト
×斎藤 潤(日本2)vs伊藤 学(東海2)○
KO2回2’39”

<第2試合>フェザー級
フレッシュマンファイト
○室館洸介(明治2)vs小林弘一(創価2)×
KO2回2’56”

<第3試合>バンタム級
フレッシュマンファイト
×浅野達也(日本3)vs石川智崇(東海3)○
判定3-0(20-18,20-18,20-19)

<第4試合> ウェルター級
フレッシュマンファイト
×横濱雄飛(明星2)vs古居秀史(拓殖3)○
KO1回2’19”

<第5試合> バンタム級
△小澤誠志郎(明治2)vs堀越慧太(東海3)△
判定0-0(29-29、30-30、30-30)

<第6試合> ライト級
○小池一太(国士舘3)vs梶山良輝(東海3)×
判定2-0(29-28、29-29、30-29)

<第7試合> フライ級
×宇佐美隆史(日本2)vs村山勇太(拓殖3)○
判定3-0(30-29、30-28、30-29)

<第8試合> ライト級
○岡田宏生(国士舘2)vs常盤 清(創価2)×
負傷判定2回(20-19,20-18,20-18)
※2回途中、偶然のバッティングによる負傷で続行不能となったため、
連盟規定により終了時点までの判定にて勝敗決定

<第9試合> フライ級
×丸山 悟(日本3)vs宮崎隆太郎(創価2)○
KO1回2’10”

<第10試合> 63kg契約
△遠藤駿平(国士舘2)vs田村大祐(明治3)△
判定1-1(29-28,28-29,29-29)

<第11試合> ウェルター級
△山際雄大(東海3)vs山下智義(国士舘3)△
判定1-0(28-27、29-29,28-28)

<第12試合> ミドル級
○鏑 修平(東海3)vs清田晃大(明治3)×
判定2-0(30-29、30-29,30-30)

<第13試合> フェザー級
×小林隼己(東海3)vs岡野弘之(創価3)○
判定2-0(29-28、30-28、29-29)

<第14試合> ウェルター級
○清水宏軌(国士舘4)vs和佐元康(東京富士4)×
判定3-0(30-28,30-27,30-27)

<第15試合> ウェルター級
○瀧寺将夢(国士舘3)vs新井裕之(創価3)×
判定2-0(30-29,30-29,30-30)

<第16試合> バンタム級
○西 大智(東海3)vs白鳥 駿(拓殖2)×
判定3-0(30-29,30-29,30-29)

<第17試合> ウェルター級
○佐々木秀樹(創価3)vs沖倉辰也(国士舘2)×
KO3回53″

Copyright © University KickBoxing Federation All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.
Google+