チャンピオン戦予選準決勝

2014年10月12日(日)
平成26年度UKFチャンピオントーナメント予選
会場/國學院大學たまプラーザ校舎

<フライ級>
第1試合
△小嶋勇貴(東洋2年)ー村山裕太(拓殖4年)△
判定0-1(30-30、29-30、30-30)
連盟規定による優勢判定の結果、村山選手が決勝進出

<フライ級>
第2試合
△小澤誠志郎(明治3年)ー西大地(東海4年)△
引き分け0-0(30-30、30-30、30-30)
連盟規定による優勢判定の結果、西選手が決勝進出

<バンタム級>
第3試合
×若杉耀介(日本2年)-石川智崇(東海4年)○
判定0-3(28-30、29-30、28-30)

<フェザー級>
第4試合
×藤村大貴(創価3年)-丸吉伴幸(東洋2年)○
判定0-2(30-30、29-30、29-30)

<フェザー級>
第5試合
△滝川譲(國學院3年)-遠藤駿平(国士舘3年)△
引き分け0-1(29-30、30-30、29-29)
連盟規定による優勢判定の結果、瀧川選手が決勝進出

<ウェルター級>
第6試合
△秋葉和宏(帝京平成3年)-古井英史(拓殖4年)△
引き分け0−0(30-30、30-30、30-30)
連盟規定による優勢判定の結果、古井選手が決勝進出

<ウェルター級>
第7試合
×小林直輝(中央3年)-沖倉辰也(国士舘3年)○
不戦勝

以上の結果、チャンピオントーナメント決勝の対戦は以下のように決定しました。
<フライ級>
村山裕太(拓殖4年)ー西大地(東海4年)

<バンタム級>
石川智崇(東海4年)ー室館洸介(明治3年)

<フェザー級>
丸吉伴幸(東洋2年)ー滝川譲(國學院3年)

<ライト級>
井上駿介(国士舘2年)ー常磐清(創価3年)

<ウェルター級>
古井秀史(拓殖4年)ー沖倉辰也(国士舘3年)

<ミドル級>
菊入正行(国士舘1年)ー高橋竜之介(専修2年)

トーナメント表は<こちら>です

Copyright © University KickBoxing Federation All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.
Google+